スープへのこだわり

大釜

ラーメンの命。スープ。
美登里のスープは独自製法のため、作るのに1週間ほどの時間を要します。
このスープを数ヶ月熟成させたスープに継ぎ足す形で毎日作っています。
時間をかけてトンコツより抽出したスープは雑味や油分を含まずトンコツのうまみのみを抽出しています。
多くの方は初めて味わうタイプのとんこつラーメンのスープです。
油分を含まないため、世にもめずらしい「冷やしラーメン」というメニューも実現しています。

麺ゆでへのこだわり

大釜

麺をゆでる際、テボと呼ばれる筒状のザルをみたことがあるかと思います。
湯切りをする際、ラーメン屋の店員が振っているものです。
美登里はでテボを使用せずに麺をゆでます。
テボを使わないことで、麺は茹で釜の中を踊り均一にゆであがります。
麺にはグルテンという成分が含まれています。
このグルテン、麺の弾力や柔軟性を決めるための重要な要素です。
茹で釜で麺を躍らせることで、グルテンにも均一に火がとおり、安定した麺としてゆであがります。
また、ゆで釜は鉄窯を使用しています。
カウンター越しに見える鉄窯は美登里の特徴の一つです。

海苔へのこだわり

大釜

有明海で採れる最高級の有明海苔を使用しています。
高級すし店や料亭でも使用されるこちらの海苔は目がぎっしり詰まっていて香りも高いです。
佐賀ラーメンの特徴の一つでもある海苔ですが、高級海苔はスープに自然に溶け込みます。
まずは、溶け込む前の海苔を1枚召し上がっていただき、香りを楽しんでいただいて、残りはラーメンを半分ほど食べ終わってからスープに溶かして食べていただくと深い香りを味わっていただけます。

さまざまなこだわり

大釜

佐賀ラーメン美登里では食材に徹底的にこだわっています。
また、チャーハンなどで使用するお米の炊き方にもこだわっています。
お米は美登里自慢の鉄窯で一気に炊き上げます。
ガスの直火で鉄窯を加熱して炊き上げるお米は絶品です。

美登里のカウンターは銅板製です。
銅は抗菌力が高いことでも有名です。
食を扱う店舗のため、店内を清潔にたもつための工夫の一つです。

ひと手間を惜しまず最高の料理を提供できるように努力しています。
野菜はゆでた方が手間がかかりませんが、栄養成分を逃さないようにするためと食感や香りを高めるために炒めるようにしています。
麺ゆではテボを使わないため、麺上げの作業は手間と熟練の技が必要になります。

  • ツイッター
  • facebook
  • Google plus
〒111-0032
東京都台東区 浅草4丁目24−1‎
TEL 03-6754-2652

【営業時間】
日曜 11:30~16:00
祝日 11:30~16:00

月曜 11:30~14:30
火曜 11:30~14:30
   17:30~24:00
水曜 定休日
木曜 11:30:14:30
   17:30~24:00
金曜 木曜日に同じ
土曜 木曜日に同じ

News

  • 2017.05.02 GWの営業について…1日(月)~8日(月)は営業。9日(火)と10(水)を連休とします。
  • 2015.08.10 お盆休み期間のお知らせ。8月17日~19日の期間がお休みとなります。
  • 2015.08.01 日曜日限定でランチ営業が11:30~16:00と延長になりました。
  • 2015.07.03 ラーメン通販始めました。

Twitter

ページトップへ